「野沢温泉 野沢温泉ホテル」の特徴!部屋の様子や温泉・食事・アクセス情報

[広告] 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

「野沢温泉 野沢温泉ホテル」は、長野県の信州・野沢温泉に位置する自家源泉かけ流しの宿です。
野沢温泉は、江戸時代から湯治場として栄えた歴史ある温泉地で、13の外湯やスキー場などが魅力的な観光スポットとなっています。
野沢温泉ホテルは、温泉街の中心に近い高台に建っており、四季折々の自然を眺めながら、開放感あふれる露天風呂や客室露天風呂でゆったりとした時間を過ごせます。
また、野沢温泉ならではの食材を使った和食や創作料理も楽しめます。
野沢温泉ホテルは、温泉街の中心に位置し、外湯めぐりにも便利です。
歴史や文化を感じながら、自然と温泉と食を満喫できる宿です。

この記事では、「野沢温泉 野沢温泉ホテル」の魅力やお得なプランなどをご紹介します。
また、この旅館の食事や部屋の様子、アクセスや口コミについてもお知らせしますね。

長野県に行かれる方は、ぜひ、野沢温泉ホテルで癒しの旅をお楽しみください。

 

「野沢温泉 野沢温泉ホテル」のお部屋の様子

「野沢温泉 野沢温泉ホテル」の【お部屋】は、露天風呂付き客室と一般客室の2種類があります。
露天風呂付き客室は、美濃焼のお風呂が付いている和洋室か、檜のお風呂が付いている和室から選べます。
どちらも自家源泉の温泉をいつでも楽しめますよ。
一般客室は、ゆったりと安らげる洋室と和室があります。
こちらは、大浴場内湯や露天風呂、貸切露天風呂で温泉を堪能できます。
部屋には、テレビ、冷蔵庫、電気ポット、ドライヤー、インターネット接続(有線LAN)などの設備が揃っています。
野沢温泉ホテルの部屋は、快適に過ごせるように工夫されています。
お好みのタイプの部屋を選んでください。

「野沢温泉 野沢温泉ホテル」の温泉の特徴!

「野沢温泉 野沢温泉ホテル」の【温泉】は、自然に湧き出る豊富な湯量を誇る自家源泉を持っています。
その源泉は、硫黄泉と呼ばれる泉質で、肌にやさしく、心身の疲れを癒してくれる効能があります。
野沢温泉の歴史は700年以上にわたり、多くの人々に愛されてきました。
野沢温泉ホテルでは、その源泉を100%かけ流しで楽しめる温泉施設が充実しています。
以下に、その種類と特徴を紹介します。

大浴場内湯

男女別にあり、寝湯を備えた広々とした湯船でゆっくりと温泉を堪能できます。
温泉街の中心にある「大湯」に似た湯屋造りの建物が印象的です。

露天風呂

男女別にあり、春には新緑、秋には紅葉、冬には雪景色を眺めながら温泉を楽しめます。
季節や時間によって変わる露天風呂の湯の色は、野沢温泉の美しい自然と一体になっています。

貸切露天風呂「赤田の湯」

冬季閉鎖ですが、それ以外の季節にはご家族やご友人とプライベートな時間を過ごせます。
木々に囲まれた静かな空間で、ゆったりとした温泉を満喫できます。

露天風呂付き客室

和洋室と和室の2種類から選べます。
お部屋に専用の露天風呂があり、滞在中いつでも温泉を満喫できます。
和洋室は美濃焼のお風呂が付いており、和室は檜のお風呂が付いています。

足湯

ホテル玄関前にある気軽に立ち寄れる足湯で、温泉街の雰囲気を感じながら足を温めることができます。

野沢温泉ホテルは、温泉街の中心に位置し、外湯めぐりにも便利です。
野沢温泉には13ヵ所の外湯があり、無料で利用できます。
外湯にはそれぞれに特徴があり、湯めぐりをすることで野沢温泉の魅力をさらに深く味わうことができます。
※地元の町内会が水道や掃除などの維持管理を行っている公共浴室なので、観光客の方も無料で利用できますが、入口にある賽銭箱に気持ちのお金を入れましょう。

「野沢温泉 野沢温泉ホテル」のお食事

「野沢温泉 野沢温泉ホテル」の【お食事】は、信州の旬の味覚を使った和食が食べられます。
夕食は、季節によって変わる会席料理で、野沢菜や信州サーモン、信州プレミアム牛などの地元の食材をふんだんに使っています。
野沢菜は、野沢温泉の名産で、10月下旬から11月の上旬にかけて漬け込まれる発酵食品です。
信州サーモンは、信州の清流で育った鮭で、脂ののりが良く、甘みがあります。
信州プレミアム牛は、長野県が衛生検査を行い、飼育管理の記帳を確認している「信州あんしん農産物」認定農場から出荷された黒毛和牛で、口の中でとろけるような食感と豊潤な味わいが特徴です。

朝食は、和食と洋食のバイキングで、野沢温泉の名物「おやき」や「野沢菜漬け」などの郷土料理も楽しめます。
おやきは、野菜や豆などの具を小麦粉やそば粉で包んで焼いたもので、温泉街の至る所で売られていますよ。

「野沢温泉 野沢温泉ホテル」の地図・アクセス

「野沢温泉 野沢温泉ホテル」の【地図・アクセス】について、ご案内します。
野沢温泉ホテルは、長野県下高井郡野沢温泉村豊郷にあります。

車の場合は、上信越自動車道の豊田飯山インターチェンジから国道117号線を約25分で到着できます。
駐車場は無料で30台収容できます。

電車の場合は、JR北陸新幹線の飯山駅で下車し、野沢温泉行き直通バスに乗って約25分で到着できます。
バス停からは徒歩5分です。

「野沢温泉 野沢温泉ホテル」の実際の口コミ

「野沢温泉 野沢温泉ホテル」の【実際の口コミ】では、部屋は清潔で広く、窓からは温泉街やスキー場が見え、食事は信州の旬の食材を使った和食で、ボリュームがあり、美味しいとの評価が多いです。
温泉の泉質や食事の美味しさが高く評価されています。

「野沢温泉 野沢温泉ホテル」のプラン一覧

「野沢温泉 野沢温泉ホテル」の【プラン一覧】は、以下のようなプランがあります。

お部屋で源泉掛け流し露天風呂付客室プラン

露天風呂付き客室に宿泊し、自家源泉の温泉をいつでも楽しめるプランです。
和洋室と和室の2種類から選べます。
夕食と朝食はお部屋でゆっくり食べられます。
このプランは、大切な人と特別な日におすすめです。
露天風呂は、美濃焼のお風呂と檜のお風呂があり、季節や時間によって変わる露天風呂の湯の色を堪能できますよ。

天然温泉とお料理を楽しむ自家源泉掛け流しプラン

一般客室に宿泊し、大浴場内湯や露天風呂、貸切露天風呂で温泉を堪能できるプランで、洋室と和室があります。
夕食と朝食はレストランで食べられます。
このプランは、温泉と食事を中心に楽しみたい方におすすめです。
夕食は、野沢菜や信州サーモン、信州プレミアム牛などの地元の食材を使った和食会席です。
朝食は、和食と洋食のバイキングで、野沢温泉の名物「おやき」や「野沢菜漬け」などの郷土料理も楽しめます。

遅着でも安心1泊朝食付きプラン

夕食が不要な方におすすめのプランです。
洋室と和室がある一般客室に宿泊し、温泉と朝食を楽しめます。
このプランは、遅い到着でも安心して宿泊できるプランです。
朝食は、和食と洋食のバイキングで、野沢温泉の名物「おやき」や「野沢菜漬け」などの郷土料理も楽しめます。

1名様歓迎素泊まりプラン

1名での利用も大歓迎のプランです。
洋室と和室がある一般客室に宿泊し、温泉を満喫できます。
このプランは、1名での旅行や出張などにおすすめのプランです。
食事は付いていませんが、近くには飲食店やコンビニなどがあります。

お日にち限定1泊2食付きプラン

お得な期間限定のプランです。
洋室と和室がある一般客室に宿泊し、温泉と食事を楽しめます。
このプランは、通常よりも安く宿泊できるプランです。
夕食と朝食はレストランで食べられます。

また、長野県への旅行は飛行機を利用すると便利です。
お得な「ANA楽パック」や「JAL楽パック」もありますので、旅行全体が格安で行けますよ。

「野沢温泉 野沢温泉ホテル」のまとめ

ホテル名 野沢温泉 野沢温泉ホテル
(読み) のざわおんせん のざわおんせんほてる
特 色 野沢温泉が誇る美人の湯♪滔々と湧き出す自家源泉を贅沢に掛け流し。貸切露天有
料 金 6050円~
住 所 〒389-2502 長野県下高井郡野沢温泉村大字豊郷7923-3
電 話 0269-85-2011
FAX 0269-85-2101
最寄駅 戸狩野沢温泉
アクセス 豊田飯山IC→R117「野沢温泉」方面25分。新幹線飯山駅→野沢温泉行バス25分。「野沢温泉」下車徒歩8分
駐車場 有り 30台 無料
投稿件数 407件
★の数 (総合): 4.08
楽天ウェブサービスセンター

この「野沢温泉 野沢温泉ホテル」は、野沢温泉の中心にありながら、静かで落ち着いた雰囲気のホテルです。
自家源泉を持ち、源泉100%かけ流しの温泉がいつでも楽しめます。

部屋は清潔で広々としており、窓からは温泉街やスキー場の美しい景色が眺められます。
食事は信州の旬の食材を使った和食で、ボリューム満点で美味しく、特に、地元の野菜やお米は絶品です。

温泉は霊泉「真湯」を掛け流しで堪能できる露天風呂が2種類あります。
どちらも開放感があり、肌に優しいお湯です。

スタッフは親切でフレンドリーに対応してくれます。
駐車場は無料で、チェックイン前からチェックアウト後まで利用できます。
スキー場へは遊ロードを利用して徒歩で行けます。

野沢温泉ホテルは、ファミリー、カップル、一人旅など、どんな方にもおすすめのホテルです。
野沢温泉の自然と温泉と食を満喫できる宿です。

この記事を書いた人
ひじき

妻と子ども2人と暮らすアラフォーサラリーマン。
観光スポットやグルメ、お土産などの定番情報、周辺のホテルや旅館についてまとめています。
うちの一番のお気に入りは鎌倉で、必ず最初に報国寺の抹茶飲みに向かいます。
そして小町通りで食べ歩くのが趣味。

ひじきをフォローする
中部地方
ひじきをフォローする
観光旅行のお役立ち情報
タイトルとURLをコピーしました