「野沢温泉スキー場」の見どころ!アクセス方法や周辺ホテルもご紹介

[広告] 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

スキーを楽しむなら、「野沢温泉スキー場」に行ってみてください。
野沢温泉スキー場は、長野県下高井郡野沢温泉村に位置するスキー場で、標高1,650mの毛無山山頂から温泉街に向かって3本の尾根沿いに広がり、標高差1,086m、ゲレンデ・コース数が36もあるビッグリゾートです。
豊富な積雪による絶好のパウダーや地形に富んだ超ロングコース、安全に楽しめるスノーパーク、ビギナーにやさしい緩斜面などがあり、広大な自然のなかでレベルを問わず思い思いのライディングが楽しめます。
また、アフタースノーは、趣ある温泉街で源泉かけ流しの湯につかって疲れを癒すことができるのも、野沢温泉の醍醐味です。
野沢温泉スキー場は、アジア大陸からの影響を受ける典型的な日本海側気候で、1日最大降雪量が107cm(2010年)という全国でも屈指の豪雪地帯です。
山頂エリアはシーズン最高積雪量が5mを超えることもあるほどで、極上パウダーに出会える可能性が高く、パウダージャンキーがこぞって集まることでも有名です。
この「野沢温泉スキー場」周辺には、観光に便利なホテルや旅館も多いです。

「野沢温泉スキー場」おすすめホテル3選
野沢温泉 ホテルハウスサンアントン
有名フレンチレストランで腕を磨いたシェフの料理が自慢!温泉街の真ん中の小さな隠れ家ホテル/北陸新幹線飯山駅、JR飯山駅からバスで25分。豊田飯山ICより20分
コメント数 : 29
★の数(総合): 4.50
野沢温泉 野沢温泉ホテル
野沢温泉が誇る美人の湯♪滔々と湧き出す自家源泉を贅沢に掛け流し。貸切露天有/豊田飯山IC→R117「野沢温泉」方面25分。新幹線飯山駅→野沢温泉行バス25分。「野沢温泉」下車徒歩8分
コメント数 : 407
★の数(総合): 4.08
野沢温泉 朝日屋旅館
【野沢温泉スキー場へ徒歩7分】【外湯の多くも徒歩5分以内】24時間源泉かけ流し温泉♪/飯山駅より野沢温泉まで直通バス「野沢温泉ライナー」で25分
コメント数 : 236
★の数(総合): 4.17
楽天ウェブサービスセンター

野沢温泉スキー場は、1923年に野沢温泉村にあるスキークラブが設立されたことに始まります。
その後、1925年には日影ゲレンデに初めてジャンプ台が設置され、1928年には50m級のジャンプ台が設置されました。
1950年には初めてスキーリフトが設置され、1976年にはスキー資料館が建設されたんですよ。
野沢温泉スキー場は、日本スキー発祥の地としても知られており、日本スキー博物館があります。
また、野沢温泉スキー場は、豊富な積雪による絶好のパウダーや地形に富んだ超ロングコース、安全に楽しめるスノーパーク、ビギナーにやさしい緩斜面などがあり、広大な自然のなかでレベルを問わず思い思いのライディングが楽しめます。
さらに、アフタースノーは、趣ある温泉街で源泉かけ流しの湯につかって疲れを癒すことができるのも、野沢温泉の醍醐味です。

野沢温泉スキー場には、スキー発祥の地として知られる日本スキー博物館があります。
また、野沢温泉スキー場は、開業100周年を迎えた2024年に、レルヒ少佐が伝えた一本杖スキーの再現も行われました。
野沢温泉スキー場は、豪雪地帯であるため、スキー場周辺には雪にまつわる伝説や妖怪伝説が数多く存在します。
例えば、野沢温泉スキー場には「雪女伝説」があり、雪の女性が現れるという伝説が残っています。
また、「雪男伝説」もあり、雪の男性が現れるという伝説が残っています。
これらの伝説は、野沢温泉スキー場の豪雪地帯ならではのもので、スキー客たちにとっても魅力的な要素の一つとなっています。

野沢温泉スキー場には、豊富な積雪による絶好のパウダーや地形に富んだ超ロングコース、安全に楽しめるスノーパーク、ビギナーにやさしい緩斜面などがあり、広大な自然のなかでレベルを問わず思い思いのライディングが楽しめます。
また、アフタースノーは、趣ある温泉街で源泉かけ流しの湯につかって疲れを癒すことができるのも、野沢温泉の醍醐味です。
野沢温泉スキー場には、日本スキー博物館があり、スキー発祥の地としても知られています。

この記事では、「野沢温泉スキー場」の見どころや特徴、アクセス方法などをまとめてみました。

また、観光に便利なおすすめホテル・旅館などもご紹介しますので参考にしてください。

 

「野沢温泉スキー場」の特徴と見どころはやっぱり壮大なコース!

あなたはスキーが好きですか?それとも温泉が好きですか?どちらも好きなら、野沢温泉スキー場はあなたにぴったりの場所です。
野沢温泉スキー場は、日本のスキー発祥の地として知られる長野県の人気スポットです。
このスキー場は、2023年に開業100周年を迎え、その記念セレモニーでは、100年前のスキー道具や服装で滑走するデモンストレーションが行われ、多くの観客を魅了しました。

野沢温泉スキー場の歴史は、日本にスキーを伝えたオーストリアのレルヒ少佐にまで遡ります。
レルヒ少佐は、1909年に日本陸軍の教官として来日し、野沢温泉でスキーの指導を行いました。
その後、野沢温泉にはスキークラブが結成され、1923年には日本初のスキー場が開業しました。
スキー場の開業につながった法政大学スキー山岳部のメンバーは、物干し竿のようなストック1本で、船をこぐように滑っていました。

野沢温泉スキー場は、ブナの森に囲まれた自然豊かな環境にあります。
スキー場には36のコースと21のリフトがあり、初心者から上級者まで楽しめます。
コースの総延長は50kmで、最長のコースは10kmにも及びます。
標高差は1,085mで、日本でも有数のスケールを誇ります。
また、スキー場の中央には日本最大級のスノーパークがあり、ジャンプやレールなどのアクションを楽しむことができます。

「野沢温泉スキー場」の魅力は、スキーだけじゃない!

野沢温泉スキー場の魅力は、スキーだけではありません。
野沢温泉は、日本有数の温泉地としても有名です。
野沢温泉には、13の共同浴場と多数の旅館や民宿があります。
共同浴場は、地元の人々が管理しており、無料で入浴できます。
温泉の泉質は、硫黄や塩分などが豊富で、肌にも体にも優しいと言われています。
温泉に浸かって、スキーの疲れを癒すのは最高の贅沢です。

野沢温泉スキー場は、100年の歴史と伝統を持ちながら、常に進化し続けています。
次の100年に向けて、ブナの森のスキー場を守り、多くの人々にスキーの楽しさを伝えていきたいという想いが強くあります。
野沢温泉スキー場は、スキーと温泉の両方を満喫できる、まさに夢のようなスポットです。
ぜひ一度、足を運んでみてください。

「野沢温泉スキー場」へのアクセス!

「野沢温泉スキー場」へのアクセスをご紹介します!

「野沢温泉スキー場」へ電車で行く場合

野沢温泉スキー場へ電車で行く方法は、以下のとおりです。
JR「飯山駅」まで行き、そこから「野沢温泉ライナー」に乗り換えます。
所要時間は約25分で、料金は600円です。
そして「野沢温泉ライナー」の終点「野沢温泉」で下車して、徒歩約10分でスキー場に着きます。

「野沢温泉スキー場」へバスで行く場合

野沢温泉スキー場へバスで行く方法は、以下のとおりです。
JR長野駅からアルピコ交通の直通バス「野沢温泉ライナー」に乗ります。
所要時間は約1時間40分で、料金は1,800円です。
そして「野沢温泉ライナー」の終点「野沢温泉」で下車して、徒歩約10分でスキー場に着きます。

「野沢温泉スキー場」へ自動車で行く方法と駐車場

「野沢温泉スキー場」に車で行く方法は、以下のとおりです。
上信越自動車道の「豊田飯山IC」から国道117号線を野沢温泉方面に進むと、約50分でスキー場に到着できます。
スキー場には、第1駐車場(500台)、第2駐車場(220台)、第3駐車場(400台)、中尾駐車場(170台)、新田駐車場(40台)、新田立体駐車場(50台)、横落駐車場(93台)、野沢温泉スパリーナ駐車場(100台)があります。
車中泊は禁止されているので注意してください。

「野沢温泉スキー場」周辺のおすすめホテル

「野沢温泉スキー場」の周辺には、素敵なホテルや旅館があります。

野沢温泉 ホテルハウスサンアントン

野沢温泉村でスキーと温泉を満喫するなら、「野沢温泉 ホテルハウスサンアントン」が、おすすめです。
このホテルは、欧風テイストの落ち着いた雰囲気と、地元の食材や野沢菜を使った美食と、源泉かけ流しの温泉と、スキー用具のレンタルやチューンナップのサービスと、環境や社会に配慮したサステナビリティに向けた取り組みと、さまざまな魅力を備えています。

ホテルハウスサンアントンは、野沢温泉村の中心部に位置し、スキー場まで徒歩圏内です。
客室は、衛星テレビや電気ポットなどの設備が完備されており、バスルームとトイレは共用または専用のタイプからお選びいただけます。
ラウンジには、暖炉やライブラリエリアがあり、本や雑誌、ゲームなどが用意されています。
ダイニングルームでは、洋定食の朝食とヨーロッパスタイルのディナー(要予約)を提供しています。
ディナーは、コース仕立てでボリュームも満点です。

ホテルハウスサンアントンの最大の特徴は、館内にある源泉かけ流しの温泉です。
疲れた体を癒すことができるだけでなく、美肌効果も期待できます。
また、スキー用具のレンタルや保管、チューンナップのサービスもありますので、手ぶらでスキーを楽しむことができます。
スキーパスもホテルで購入できますので、便利です。

ホテルハウスサンアントンは、環境や社会に配慮したサステナビリティに向けた取り組みを行っています。
例えば、自家製のジャムやピクルスを販売したり、地域の活性化に協力したり、省エネやリサイクルに努めたりしています。

ホテルハウスサンアントンは、野沢温泉村の魅力を存分に味わえるホテルです。
スキーや温泉だけでなく、食事や雰囲気も楽しめます。

このホテルの紹介記事はこちら>>

「野沢温泉 ホテルハウスサンアントン」の特徴!部屋の様子や温泉・食事・アクセス情報
「野沢温泉 ホテルハウスサンアントン」は、野沢温泉村の中心に位置するヨーロッパ風のホテルです。温泉は硫黄泉で、神経痛や皮膚病、リウマチなどに効果があると言われ、お肌にも優しく、美容効果も期待でき、温泉は熱めで、疲れた体をリラックスできます。

野沢温泉 野沢温泉ホテル

この「野沢温泉 野沢温泉ホテル」は、野沢温泉の中心部にある高台に位置する宿泊施設です。
ここでは、自家源泉から引いた豊富な湯量の源泉100%かけ流し温泉を楽しむことができます。
露天風呂は3つあり、四季折々の景色とともに開放感を味わえます。
特に、客室露天風呂付きのお部屋は、プライベートな空間でゆっくりと温泉に浸かることができます。
和洋室と和室の2種類からお選びいただけますので、ご自分の好みに合わせてご予約ください。

野沢温泉ホテルでは、野沢温泉ならではの食材を使った和食を提供しています。
地元の野菜や山菜、信州牛や信州鶏などの肉類、信州サーモンや岩魚などの魚介類など、旬の素材をふんだんに使った料理を堪能できます。
また、食事処は個室やテーブル席など様々なタイプがありますので、お好みに応じてお選びいただけます。

野沢温泉ホテルは、野沢温泉スキー場にも近く、冬はスキーやスノーボードを楽しむことができます。
スキー乾燥室やレンタル用品なども完備していますので、手ぶらでOK。
また、夏はカヌーやトレッキングなどのアウトドアアクティビティを楽しむことができます。
野沢温泉ホテルは、四季を通して自然と温泉を満喫できる宿泊施設です。

このホテルの紹介記事はこちら>>

「野沢温泉 野沢温泉ホテル」の特徴!部屋の様子や温泉・食事・アクセス情報
「野沢温泉 野沢温泉ホテル」は、長野県の信州・野沢温泉に位置する自家源泉かけ流しの宿です。野沢温泉は、江戸時代から湯治場として栄えた歴史ある温泉地で、13の外湯やスキー場などが魅力的な観光スポットとなっています。

野沢温泉 朝日屋旅館

この「野沢温泉 朝日屋旅館」は、信州・野沢温泉にある老舗の温泉宿です。
こちらの宿の魅力は、なんといっても源泉かけ流しの展望風呂です。
野沢温泉スキー場や13の外湯に近い場所にありますが、宿から見える景色はまるで絵画のように美しいですよ。
冬は雪景色を眺めながら、夏は緑豊かな山々を見ながら、温泉に浸かれば日頃の疲れも癒されることでしょう。

宿のお食事も見逃せません。
北信州の旬の食材を使った創作料理が自慢で、地元の味を堪能できます。
お部屋は和室と和洋室があり、どちらも清潔で快適です。
薄型テレビやWiFiも完備されており、ビジネスや観光の合間にも便利です。
宿のスタッフは皆さん笑顔で丁寧な対応をしてくれます。
野沢温泉の中心に位置しており、交通の便も良く、野沢温泉の歴史と文化を感じられる宿です。

このホテルの紹介記事はこちら>>

「野沢温泉 朝日屋旅館」の特徴!部屋の様子や温泉・食事・アクセス情報
「野沢温泉 朝日屋旅館」は、信州・野沢温泉にある温泉宿です。単純温泉と呼ばれる泉質で、体への負担が少なく、高齢者や子ども、肌がデリケートな人にもおすすめです。自律神経不安定症、不眠症、うつ状態などに効能があるとされてます。

「野沢温泉スキー場」のまとめ

野沢温泉スキー場は、長野県にある日本のスキー発祥の地です。
2023年に開業100周年を迎え、その記念セレモニーでは、100年前のスキー道具や服装で滑走するデモンストレーションが行われました。
その歴史あるスキー場へのアクセス方法や周辺のおすすめホテル情報をご紹介しました。

「野沢温泉スキー場」おすすめホテル3選
野沢温泉 ホテルハウスサンアントン
有名フレンチレストランで腕を磨いたシェフの料理が自慢!温泉街の真ん中の小さな隠れ家ホテル/北陸新幹線飯山駅、JR飯山駅からバスで25分。豊田飯山ICより20分
コメント数 : 29
★の数(総合): 4.50
野沢温泉 野沢温泉ホテル
野沢温泉が誇る美人の湯♪滔々と湧き出す自家源泉を贅沢に掛け流し。貸切露天有/豊田飯山IC→R117「野沢温泉」方面25分。新幹線飯山駅→野沢温泉行バス25分。「野沢温泉」下車徒歩8分
コメント数 : 407
★の数(総合): 4.08
野沢温泉 朝日屋旅館
【野沢温泉スキー場へ徒歩7分】【外湯の多くも徒歩5分以内】24時間源泉かけ流し温泉♪/飯山駅より野沢温泉まで直通バス「野沢温泉ライナー」で25分
コメント数 : 236
★の数(総合): 4.17
楽天ウェブサービスセンター

 

野沢温泉スキー場の歴史は、日本にスキーを伝えたオーストリアのレルヒ少佐にまで遡ります。
レルヒ少佐は、1909年に日本陸軍の教官として来日、野沢温泉でスキーの指導を行い、その後、野沢温泉にはスキークラブが結成され、1923年には日本初のスキー場が開業しました。

野沢温泉スキー場は、ブナの森に囲まれた自然豊かな環境にあります。
スキー場には36のコースと21のリフトがあり、初心者から上級者まで楽しめます。
コースの総延長は50kmで、最長のコースは10kmにも及びます。
標高差は1,085mで、日本でも有数のスケールを誇ります。
また、スキー場の中央には日本最大級のスノーパークがあり、ジャンプやレールなどのアクションを楽しむことができます。
野沢温泉スキー場の魅力は、スキーだけではありません。
野沢温泉は、日本有数の温泉地としても有名です。
野沢温泉には、13の共同浴場と多数の旅館や民宿があります。
共同浴場は、地元の人々が管理しており、無料で入浴できます。
温泉の泉質は、硫黄や塩分などが豊富で、肌にも体にも優しいと言われています。
温泉に浸かって、スキーの疲れを癒すのは最高の贅沢です。

この記事を書いた人
ひじき

妻と子ども2人と暮らすアラフォーサラリーマン。
観光スポットやグルメ、お土産などの定番情報、周辺のホテルや旅館についてまとめています。
うちの一番のお気に入りは鎌倉で、必ず最初に報国寺の抹茶飲みに向かいます。
そして小町通りで食べ歩くのが趣味。

ひじきをフォローする
中部地方
ひじきをフォローする
観光旅行のお役立ち情報
タイトルとURLをコピーしました